MENU

DCCディープチェンジクレアチンの副作用について

DCCディープチェンジクレアチンにクレアチンに副作用があるのか気になっている方は多いかもしれませんが、基本的にサプリメントは『健康食品』なので、適切な摂取量を守っていれば副作用の心配はありません。

 

ただ、DCCの主成分であるクレアチンに関しては腎臓に負担がかかるなどの説もあり、副作用を心配する方も多いと思うので、詳しく解説します。基本的には過剰摂取さえしなければ何の問題もないのですが、パウダータイプのクレアチンの場合はお湯に溶かさないで飲むとお腹の調子が悪くなる人もいるというのが結論になります。パウダータイプだと不調を覚えるけどDCCディープチェンジクレアチンなら大丈夫というケースもあるということを補足させて頂きます。

 

クレアチンが腎臓に負担をかけるという風説

クレアチンは牛肉や白身魚にも含まれているアミノ酸。なので、過剰に摂取しなければ副作用の心配も、腎臓に負担がかかるという恐れもありません。クレアチンというサプリメントそのものの歴史も長いですし、その安全性は実験で明らかになっているのでご安心下さい。

 

一説によると、大量に摂取することで腎臓に負担がかかると言われていますが、そのような実験は安全性の観点から行われておらず、噂だけが独り歩きして、クレアチンは腎臓に負担がかかるという風説に繋がっていると思われます。

 

1日の推奨摂取量は5g。これを大きく超えるような摂取量、例えば1日100gを1ヶ月続けたとしたら、確かに身体のあちこちに負担がかかるでしょう。ただ、それはサプリメントに限らず何にでも言える話。

 

市販の風邪薬を20倍の量服用したとしたら最悪命の危険もあるかも知れませんが、あくまで過剰摂取を行った場合、腎臓への負担の恐れや副作用の可能性があると考えて頂ければと思います。

 

なので、DCCディープチェンジクレアチンのメーカー推奨摂取量である1日3粒〜6粒を守って、安全にサプリメントを飲みましょう。

 

副作用を避けるために

以上のようにDCCディープチェンジクレアチンそのものには副作用はありませんし、プロテインや他のサプリメントと併用してもらっても大丈夫です。ただし、サプリメントを飲む時は水かぬるま湯で飲むようにしましょう。

 

牛乳やお茶で飲むと成分と混ざり副作用を生む恐れもありますので、プロテインと同時に飲むとしても、プロテインで流し込まないようにした方が良いと思います。

 

⇒DCCディープチェンジクレアチンの真の効果と口コミ