MENU

DCCディープチェンジクレアチンとプロテインの併用について

DCCディープチェンジクレアチンとプロテインの併用について解説します。筋トレをしている人から人気があるサプリメントの第一位はプロテイン。続いて第二位はクレアチンとなっており、もちろんプロテインとクレアチンは併用しても大丈夫。

 

DCCディープチェンジクレアチンにはクレアチンだけでなく、HMBやシトルリン、オルニチンなど豊富な成分が含まれていますが、いずれも適切な摂取量を守っていれば、プロテインと一緒に摂取しても副作用の心配はありません。

 

プロテインは言わば筋肉の原料。どんなに筋トレを一生懸命やってもタンパク質が不足してしまうと筋肉増量は難しいでしょう。クレアチンは筋トレのエネルギー源であるATPを合成するのを助ける働きや筋肉中に水分を溜め込みやすくする作用、瞬発力のアップなどに寄与する働きがあり、プロテインとはまたその効果は異なってきます。

 

そのため、プロテインとDCCディープチェンジクレアチンを併用することで、更に筋トレの効果が出やすくなるでしょう。

 

プロテインとDCCディープチェンジクレアチンの摂取タイミング

筋トレ後にプロテインを飲むのはジムの風物詩にもなっているので、ご存じの方も多いでしょう。起床後や就寝前、食事と食事の間もプロテインの摂取にとっては理想的なタイミング。知り合いのボディビルダーは少しでもお腹が空いたらプロテインを飲むと言っていましたが、トレーニングの強度が上がるにつれ、その摂取量は増える傾向にあります。

 

DCCディープチェンジクレアチンは筋トレ前や筋トレ後、トレーニングをしない日であれば食後の摂取がおすすめですが、プロテインと併用するとなるとそれぞれ飲むタイミングが違ったりすると結構面倒ですよね。

 

私の場合は、筋トレをする日はプロテインとDCCディープチェンジクレアチンを同じタイミングで、筋トレをしない日は夕食後にDCCディープチェンジクレアチンを、プロテインは飲める時には飲むようにしていますが、あなたのライフスタイルに適した摂取方法を探って頂ければと思います。

 

⇒DCCディープチェンジクレアチンの真の効果と口コミ