MENU

クレアチンには副作用があるのか?腎臓への負担は?

 

副作用があると思われているサプリメントのクレアチン。結論から言えば副作用の心配は無いのですが、腎臓への負担や副作用について詳しく解説します。

 

クレアチンは副作用なし

クレアチンは肉や魚などの食品にも含まれていますし、よほど過剰に摂取しない限り副作用の心配は無いでしょう。サプリメントとしてこれだけ多くの商品が発売されているクレアチン、研究データも多いですし、安心して飲んで頂ければと思います。

 

ただし、体内に水分を溜め込みやすくする性質があるからか、トイレが近くなる人はたまに見受けられます。私の場合は通常のクレアチンだとトイレが近くなったのですが、DCCディープチェンジクレアチンだと特にそのような変化は感じませんでした。

 

と言っても健康を害するわけでも日常生活に支障があるわけでもないので、特に気にする必要は無いと思いますが。

 

クレアチンが腎臓に負担を与えるという噂について

クレアチンは腎臓に負担をかけると思っている人も多いのですが、研究ではそのような事実は明らかになっていません。過剰に摂取した場合腎臓に負担がかかる可能性がある、という程度の話に尾ひれが付いたものだと思われます。

 

仮にそうだったとして、常識の範囲でクレアチンを飲んでいる場合なら全く問題はありませんし、腎臓への負担も過度に心配する必要はないでしょう。

 

服薬していたり通院していたりして不安がある方は、医師に確認の上でクレアチンを摂取するかどうかを決めて頂ければ何の問題も無いと思います。

 

⇒DCCディープチェンジクレアチンの真の効果と口コミ