MENU

クレアチンをBCAAやグルタミンと混ぜる!アミノ酸併用の注意点

筋トレをする人に人気がある成分であるBCAAやグルタミン。クレアチンと併用することで更に効果アップが期待できますし、積極的に混ぜて飲んでもらえればと思います。グルタミンとBCAAの効果は以下の通りです。

 

BCAA 筋トレで筋肉が分解するのを抑えて、再合成を促進する。
グルタミン 筋肉の回復を促したり免疫力の向上、胃腸のサポート

 

 

 

 

 

 

アミノ酸を併用する時の注意点

グルタミンやBCAAに限らず、色々なアミノ酸を混ぜて併用したいと思うのは少しでも筋トレの効果を出したい人の性。サプリメントは健康食品なのでそれぞれの成分が相互に作用して副作用をもたらすようなリスクはありませんが、同じアミノ酸でも推奨される摂取タイミングが違うことは念頭に置いておきましょう。

 

例えばBCAAは筋トレ前や筋トレ中の摂取がおすすめ。筋トレの30分前〜45分前くらいの摂取が個人的にはベストだと思っています。それに対してグルタミンやクレアチンの推奨摂取タイミングは筋トレの後。なので、混ぜて飲むとしたら、どのタイミングで摂取すべきなのかを迷ってしまうかも知れません。

 

どのアミノ酸を混ぜるかにもよって変わってくるので正解は無いのですが、そこまで厳密に考えすぎないことが一番かも知れません。DCCディープチェンジクレアチンのような主成分がハッキリと分かるサプリメントならば、クレアチンの効果が一番出るであろうタイミングに摂取するのが一つの答えになります。

 

自分でサプリメントをブレンドする場合も同様に、一番効果を出したい成分にとって最適な摂取タイミングで飲むのが良いと思います。

 

もちろん一つ一つの成分を細かく飲み分けるのも一つの方法ですが、それで飲み忘れてしまっては本末転倒ですし、正直結構面倒ですからね。筋トレ後がベストのタイミングだと言われているサプリメントを、筋トレ前に飲んだからといって、驚くほど効果が変わったりはしないでしょう。

 

なのでDCCディープチェンジクレアチンのようなオールインワンのサプリメントではなく、自分でブレンドする場合は、厳密に考え過ぎずに飲みやすいタイミングで摂取することをおすすめします。

 

⇒DCCディープチェンジクレアチンの真の効果と口コミ