MENU

DCCディープチェンジクレアチンの飲み方と飲むタイミング

 

DCCディープチェンジクレアチンの飲み方ですが、水またはぬるま湯で飲むようにしましょう。牛乳やお茶で飲むと吸収が悪くなるどころか、DCCディープチェンジクレアチンの成分と混ざりあり何らかの副作用を及ぼす恐れがあります。

 

カプセルが少し大きいと感じる方もいるかも知れないので、多めの水で飲み込むようにすると良いと思いますよ。

 

DCCディープチェンジクレアチンを飲むタイミング

DCCディープチェンジクレアチンを飲む適切なタイミングを、筋トレをする日としない日に分けて解説します。風邪薬に服用のタイミングがあるように、プロテインは筋トレ後に飲むように、DCCディープチェンジクレアチンにも適切な摂取タイミングがあります。

 

しっかり念頭に置いて、サプリメントの力を最大限に引き出せるようにしましょう。

 

 

筋トレをする日のDCCディープチェンジクレアチンを飲むタイミング

筋トレをする日であれば、トレーニング前かトレーニング中、トレーニング後の摂取が良いでしょう。クレアチンのベストな摂取タイミングはトレーニング後だと言われているので、私はトレーニング後にプロテインと同時に飲むようにしています。

 

水に溶かすタイプのDNSのクレアチンをプロテインと混ぜて飲んでいた全国レベルのパワーリフターが知り合いにいるので、このタイミングで間違いは無いでしょう。DCCディープチェンジクレアチンにはHMBやBCAAなど、どちらかと言うと筋トレ前に飲んだほうが効果を発揮する成分も含まれていますので、筋トレ後にこだわりすぎなくても良いと思います。

 

飲みやすいタイミング、継続しやすいタイミングで、筋トレの前後に摂取するようにしましょう。

 

筋トレをしない日のDCCディープチェンジクレアチンを飲むタイミング

筋トレをしない日であれば食後の摂取がベスト。トレーニングをしない日でも筋肉の修復を助ける作用がありますし、体内のクレアチン量を増やすためにも毎日DCCを飲むことをおすすめしています。

 

なぜ食後かと言えば、食事と一緒に吸収することで効率が上がるから。胃酸が出ていない状態で飲むよりも消化吸収がスムーズですし、DCCの成分が炭水化物やタンパク質と結びつくことで、スムーズに体内で利用されます。

 

理想を言えばなるべく小分けに、朝、昼、夜で1粒ずつ摂取したい所ですが、なかなか難しいのが現状でしょう。なので、時間的にも余裕があり、かつ成長ホルモンが出る就寝前に一番近い夜にまとめて3粒飲むのが一番無理なく継続しやすいのかと思います。

 

なお、毎日摂取するのが理想だとは言いましたが、たまに飲み忘れてしまってもサプリメントの効果が全く無くなるわけではありませんし、慌てずに対処すれば良いでしょう。翌日の摂取量を2倍にしても良いですし、次に筋トレする時に2回に分けて3粒ずつ飲んでも良いと思います。

 

外食する機会があれば飲み忘れることも珍しく無いでしょうし、厳密に考えすぎず、無理なく継続して摂取するのが一番だと思いますよ。

 

⇒DCCディープチェンジクレアチンの真の効果と口コミ