MENU

クレアチンローディングの方法と注意点

 

クレアチンローディングとは短期間でまとめてクレアチンを摂取して、体内に一気にクレアチンを蓄える方法。具体的なやり方や注意点について解説します。

 

クレアチンローディングの手順

クレアチンの通常の摂取量は1日5g。クレアチンローディングを行う場合は、1日に20gの摂取を5日間続けます。一気に20g飲むのではなく、5gずつ、小分けにして4回の摂取。それを5日間続けることで体内のクレアチン量を短期間で満タンにするのが狙いです。

 

クレアチンローディングの注意点

1日に4回もクレアチンを飲むのは、かなり時間に融通が効く人でないと難しいでしょう。管理人は大学時代はローディングも出来ましたが、今では出来ないので、普通の働き方をしている方にはローディングは現実的では無いかも知れません。ただ、出来る範囲で摂取量を増やすことは有効だと思いますし、『1日4回を5日間』という方法にこだわりすぎないで、1日3回を一週間続けるとか、負担の無い方法で取り入れるのも手でしょう。

 

胃腸に不安が無く、そのまま直に飲めるという方なら摂取の負担は小さいでしょうが、管理人のようにお腹が弱く、毎回お湯に溶かして飲む場合はそれなりに時間がかかります。まさか職場でお湯を沸かす訳にも行きませんしね。

 

なお、ローディングの注意点としては大量の水分も摂取するためトイレが近くなること。この程度の摂取量で副作用が出たり、腎臓に負担がかかる心配はありませんが、ただでさえトイレが近くなるクレアチン、ローディング期間中はある程度覚悟しておいたほうが良いでしょう。

 

そもそもクレアチンローディングは必要?

ローディングの狙いは、短期間で体内のクレアチン貯蔵を満タンにすること。1日5gの摂取を30日間続ければ、ローディングをしたのと同じ効果が得られるというデータもありますし、、余程急ぎで結果を出したい方以外はローディングを行わなくても良いのでは無いかと思います。

 

もちろんローディングを行うことで、トレーニングでのパフォーマンスは上がるでしょう。普段よりも1回多く上げられるようになれば、それだけ筋肉には高い負荷を与えることが出来る。そんな貴重な機会を1ヶ月も後回しにするなんて耐えられないという方はローディングをすれば良いと思いますが、それ以外の方は毎日5gずつ飲めば良いのではと思います。

 

筋トレに求めるものは人それぞれなので、ローディングを強要するつもりも否定するつもりもありませんが、望む結果が得られることを祈っています。

 

⇒DCCディープチェンジクレアチンの真の効果と口コミ