MENU

クレアチンの効果を更に高めるための飲み方・摂取方法

 

クレアチンは単体で摂取するよりも、以下のような成分と一緒の摂取することで更にその効果を引き出す事が出来ます。

 

HMBとクレアチンを同時に摂取する

筋肉を増やすのに効果的だと言われているHMB。クレアチンと一緒に摂取することで更にお互いの効果を引き上げることが出来るというデータもあります。HMB単体のサプリをプラスするまでもなく、DCCディープチェンジクレアチンにはHMBも含まれているのでご安心下さい。

 

筋肉を増やすための車の車輪として活躍してくれることでしょう。

 

⇒HMBとは?効果と摂取方法・プロテインとの違い

 

糖質(炭水化物)とクレアチンを同時に摂取する

クレアチンは糖質と結びついてより効率的に体内に吸収されます。クレアチンの推奨摂取タイミングが食後になっているのはこの理由が大きいです。筋トレ後にクレアチンを飲む場合は、追加でウェイトゲイナーなどの炭水化物が豊富なプロテインを飲んだり、プロテインにブドウ糖を混ぜたりすると良いでしょう。

 

αリポ酸とクレアチンを同時に摂取する

クレアチンの吸収効率を上げることが出来ると言われている成分。クレアチンとセットになって配合されているサプリメントもあるくらいなので、その信憑性は高いでしょう。

 

DCCディープチェンジクレアチンにはαリポ酸は含まれていないので、別のサプリメントで補足するのもありかも知れません。

 

クレアチンの効果を高めるための飲み方についてまとめ

以上のような成分を同時に摂取する事で、クレアチンの力を更に引き出す事が出来るでしょう。DCCディープチェンジクレアチンにはHMBが含まれているので、食後や筋トレ後に糖質・αリポ酸と一緒に飲めれば理想的。

 

ただ、そこにこだわりすぎなくても十分な効果が期待できる筋肉サプリメントですので、期待して飲んで頂ければと思います。

 

⇒DCCディープチェンジクレアチンの真の効果と口コミ